MENU

真田丸第43話「軍議」の感想はコチラ!

柵

 

 

このページは「真田丸」43話の感想になるんやんな。真田丸43話タイトルは「軍議」やねんね。さっそくですが真田丸の43話の感想をお伝えしていくんやんな。

 

 

 

真田丸42話のネタバレ・あらすじで真田幸村(堺雅人)が総大将になる依頼があってんけど、最終的には秀頼(中川大志)を総大将にして、牢人5人衆を大将に置くという形をとることに決まってんね。

 

 

 

真田丸43話のネタバレ・あらすじをまとめると真田幸村の討って出るという策に、多くの者が反対する中で、その理由をわかった幸村は討って出るという策でみなをまとめてんな。秀頼もそれに納得してんけどそれに待ったがかかってん。

 

 

 

茶々(竹内結子)が秀頼が討ってでるといったことをひっくり返して、最終的には籠城戦を余儀なくされることになってしまってんな。その真田丸43話の軍議について感想をお伝えしていきます。

 

 

 

 

真田丸第43話「軍議」の感想!

 

 

真田丸43話の感想を一言でまとめると、究極のちゃぶ台返しやなって印象やってん。それまでの軍議がまったく意味がなくなってしまってん。時間をかけて軍議を開いてみなで意見を一致させたのに意味ないじゃん。

 

 

 

なんか、茶々に対して怒りさえ覚えましたね。このころは、茶々がすごく力もっていたんでしょうね。茶々は、戦に討ってでるわけではあれへんのに、なんでそこまで籠城戦にしたかったんやろか。牢人たちを信用してへん。

 

 

 

それが茶々の素直な意見なんでしょうね。それか、大蔵卿や有楽斎に洗脳されているんかもしれへんね。そこが、どうしても気になりましたね。本当に、豊臣のことを想っている人間ばかりではないのではないか。

 

 

 

そんなことを感じてんな。それにしても、徳川家康(内野聖陽)はタヌキですよね。片桐且元(小林隆)にそなたのような家臣がほしかったというところが本当に狸です。片桐も片桐ですよね。なんで、徳川につくんやろ。

 

 

 

そうでしか生きていくことができひんからやろか。幸村に大阪城に来るように言って、自分は徳川につくというのはどうなんやろ。兵糧がもって半年と言わせたところは、さすが家康って感じでしたね。なんちゅうか1枚も2枚も上手ってところですね。

 

 

 

そして、もう一つ気になるのが信之(大泉洋)の動きやねんね。松(木村佳乃)に文を渡しなんとか、真田同士の戦をどうしてもさせたくない。その想いをどのように実現するのか。そこのところが今後、気になりますよね。

 

 

 

真田幸村が豊臣方についていますから、どうしたって信之の息子・真田信吉(広田亮平)や信政(大山真志)との戦いを避けられないんでしょうけどね。徳川家康もそれをさせようとするでしょうしね。それをどうやって阻止するのか。

 

 

 

ここで、信之がどんなことをするのか。もしかして徳川を裏切る?稲(吉田羊)の手前それもいかんでしょう。じゃあ、どうするのか。それが今後の一つの楽しみであります。信之の覚悟に期待したいですね。

 

 

 

 

真田丸43話のMVPは竹内結子

 

 

真田丸43話についてもいろいろと重要な話があってんけど、何よりも光ったのは茶々の竹内結子さんでした。秀頼のことを案じて、牢人たちを信頼しなくて、最終的にちゃぶ台返しの籠城を命じます。

 

 

 

これが最も重要で、印象的なシーンだったので真田丸43話のMVPは間違いなく竹内結子さんやんね。もちろん、後藤又兵衛(哀川翔)などなかなか印象的な人たちもいてんけどね。あの誰がなんといっても籠城だというのには、迫力があってん。

 

 

 

また、幸村が後藤又兵衛のことを死に場所を探していると図星のことを言うところもまたよかってんね。だからこそ、牢人たちが一枚岩になるなんてシーンもあついものがこみ上げてきてんね。せやけど、未だに権力闘争の様相はかわれへんねな。

 

 

 

それは、牢人たち同志の権力闘争ではなく、茶々や大蔵卿、有楽斎と牢人たちの綱引きのような展開になってきましたね。もう少し、牢人たちの考え通りやらせてあげないと士気が下がると思うねんけどね。

 

 

 

豊臣の裏方たちはそんなことを何一つ考えてないみたいですよね。とにかく秀頼と自分たちの立場がこのままで、牢人たちがただなんとかしてくれるみたいな。言葉は悪いです毛で、どこか他人事というか・・・一緒にやっていく感じがないんですよね。

 

 

 

牢人たちが戦争の後に力を持つのがあかんってことなんでしょうけど、これならなんで牢人たちを集めたのかというところがあるねん。有楽斎の籠城して、家康が死ぬのを待つなんて本当によう言いますよね。いつ死ぬかわかれへんのに。

 

 

 

籠城をずっとしてても、幸村のいう通り本当に助けにくる武将がいてないので厳しいですよね。そんなこんながあっても、なお茶々のちゃぶ台返しが痛快だったんですよね。だからこそ、今回のMVPに選びました。

 

 

 

まあ、MVPと言っても私が個人的にかってに選んでいるものなんで、なんもあれへんのやけどね。牢人たちの気持ちが頂点に達しているところを逆に突き落とす。これが私の心を大きく揺さぶりました。もちろん、史実のこともあるんでしょうけど。

 

 

 

この感情の起伏を描いている脚本家の三谷幸喜さんもやっぱりさすがやなあって思いました。なんか、感情を動かされるんですよね。一体感を作った後に突き落とす。ここがさすがやなと。真田丸43話の感想はここまで。真田丸44話の感想につづく。

 

 

 

 

あなたにおススメの記事

真田丸第43話 ネタバレ・あらすじ「軍議」

 

真田丸第42話 ネタバレ・あらすじ「味方」

 

真田丸のネタバレ・あらすじ・感想まとめ!!

 

真田信繁には子孫は現在もいるの?

 

大阪冬の陣での真田幸村の活躍はどんなものだったの?

 

大阪夏の陣で真田信繁は活躍してない?その真実を暴露!

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


このページの先頭へ