MENU

真田丸第44話「築城」の感想はコチラ!

城

 

 

このページは「真田丸」44話の感想になるんやんな。真田丸44話タイトルは「築城」やねんね。さっそくですが真田丸の44話の感想をお伝えしていくんやんな。

 

 

 

真田丸43話のネタバレ・あらすじで真田幸村(堺雅人)ら牢人5人衆で決定した討って出る作戦が茶々(竹内結子)によって却下されてしまいます。そのために、豊臣方は籠城を作戦として戦わなければならなくなりました。

 

 

 

真田丸44話のネタバレ・あらすじをまとめると、真田幸村が大阪城に出城を築きあげていきます。しかし、織田有楽斎(井上順)や大蔵卿局(峯村リエ)に反対されそれを取りやめるように命じられます。それを最終的には秀頼(中川大志)が決断します。

 

 

 

大阪城の南側にある出城を築いて完成するように、秀頼は牢人たちを信じる。そういったことで、幸村が作った「真田丸」が完成します。その真田丸44話の「築城」について感想をお伝えしていきます。

 

 

 

 

真田丸第44話「築城」の感想!

 

 

真田丸44話の感想は、なんか最終回みたいな終わり方だったなあって思いましたね。なんといっても、秀頼がかっこうよかったですね。自分の責任で出城を完成するように命じました。それがなんともたくましかってん。

 

 

 

茶々にもきっぱりといいましたしね。しかも、出城の名前がなんと・・・「真田丸」。最後が字幕も出てきて最終回なのかと勘違いするような内容でしたね。しかし、まだまだこれからが最終章の本番になります。なので、楽しみですよね。

 

 

 

それにしても、出城について後藤又兵衛(哀川翔)と一緒の意見っていうのが驚きましたよね。やはり、後藤又兵衛もただ者ではないというところでしょうか。幸村が又兵衛に頭を下げて自分に出城を作らせてほしい。

 

 

 

そういったのが、なんとも印象的でしたね。幸村は、どんなことがあっても豊臣方が勝つようにしたいんでしょうね。なかなか籠城では難しいと思いますが、それでも幸村があきらめないって気持ちがすごいなって感じました。

 

 

 

しかし、それにしても出城もそうやねんけどなんでいちいち有楽斎や大蔵卿局は反対するんでしょうね。牢人たちを信じなければ、どうやって戦うというんでしょうね。自分たちだけでなんとかなるというんでしょうか。

 

 

 

毛利勝永(岡本健一)や後藤又兵衛などが城を出るという気持ちもわかりますよね。こんな状況では、勝てるわけではないですよね。ましてや真田幸村まで信じられてないとなると・・・なんなんでしょうか。

 

 

 

戦をする気があるのかって思ってしまいます。なんなんやろなて思ってしまいます。自分たちが戦わない女性陣が力をもっているのはなんか解せないですよね。幸村も含めた牢人たちからしたら。

 

 

 

それもこれも、全部をまとめることに秀頼が成功しましたね。バラバラだった牢人たちが秀頼のもとで結束しはじめていますよね。これは期待できそうな予感がしますね。いよいよ楽しみになってきましたね。

 

 

 

 

真田丸44話のMVPは中川大志

 

 

いろんな話があった真田丸44話ですが、その中でも最もかっこよかったいい演技を見せたのは秀頼役の中川大志さんです。なので、今回の真田丸のMVPは中川大志さんにいたします。なんといってもすごくかっこよかった。

 

 

 

これまで、秀頼は若いこともあり大蔵卿局や織田有楽斎に意見を言えないところがありました。ましてや、茶々にはまったく逆らえないところがありました。そのため、ちょっと頼りないところがありました。

 

 

 

しかし、真田丸44話の最後のシーンで牢人たちを信じ、幸村の手をとり出城を完成させるように命じた。これが何よりもかっこよかってんな。なんか一皮むけたといいますか、男らしくなりましたよね。

 

 

 

今後も、この強い気持ちで正しい判断ができるようになれば豊臣方も安心できますよね。まだまだ、茶々と大蔵卿局の意見が強すぎるので簡単にはいかないと思いますが、なんとか牢人たちのためにも頑張ってほしいな。

 

 

 

そんなことを願っててんな。もちろん、最後に出城が出来上がり幸村が「真田丸」だと話したシーンもかっこよかったんやけどね。今回の大河ドラマ「真田丸」の名前が出てくるんはちょっと感慨深いところがあんねけどね。

 

 

 

今回の山あり谷ありのストーリーもよかったですよね。真田丸43話でも、討って出る作戦から最終的には籠城の作戦に変更を余儀なくされました。なので、今回も出城が最終的にあかんようになるんちゃうかな。

 

 

 

そんな不安を感じてたんやけどね。せやけど、秀頼が茶々にはっきりと牢人たちの力を借りなければ今回の戦は負けだと言った力強さにちょっとうれしくなりましたね。

 

 

 

徳川家康(内野聖陽)もちょっと歳がいってきて、ぼれがはじまってきてそうな様子やし、息子の秀忠(星野源)もしっかりしてへん。そうなると、真田丸が完成してちょっといけるかもしれへん。そんなことを感じてんな。

 

 

 

今後が楽しみになる終わり方でしたね。真田の六文銭のついた鎧兜も出来上がりましたしいよいよですね。真田丸44話の感想はここまで。真田丸45話の感想につづく。

 

 

 

 

あなたにおススメの記事

真田丸第44話 ネタバレ・あらすじ「築城」

 

真田丸第43話「軍議」の感想はコチラ!

 

真田丸のネタバレ・あらすじ・感想まとめ!!

 

真田信繁には子孫は現在もいるの?

 

真田幸村と織田有楽斎の本当の関係を暴露します!

 

大阪冬の陣での真田幸村の活躍はどんなものだったの?

 

大阪夏の陣で真田信繁は活躍してない?その真実を暴露!

 

 

 


このページの先頭へ