MENU

西郷どん(せごどん)23話ネタバレ・あらすじ「寺田屋騒動」

せごどん23話

 

このページは、大河ドラマ「西郷どん」(せごどん)23話「寺田屋騒動」のネタバレあらすじを書いています。西郷どん(せごどん)のネタバレ・あらすじを見たくない人はこのページを今すぐ閉じてください。続きは見たい人だけみてね。

 

 

 

西郷どん第22話のネタバレ・あらすじで、西郷吉之助(鈴木亮平)は、久光(青木崇高)に命を受けて下関に行っていましたが、緊急を要すると判断して状況していました。その結果、有馬(増田修一郎)早まった行動をしないことを取り付けました。

 

 

 

ここから、その続きとなる23話のネタバレ・あらすじになります。タイトルは「寺田屋騒動」です。しつこいようですが、ネタバレやあらすじを見たくない人は今すぐページとじてくださいね。ネタバレ注意になります。そんな西郷どん第23話ネタバレ・あらすじスタート!

 

 

 

 

西郷どん(せごどん)ネタバレ・あらすじ23話

 

京では、吉之助に会いたいという人物がたくさんいて、信吾(錦戸亮)や有馬と一緒に飲むことが多くありました。その日も吉之助は、一緒に酒を酌み交わしていると慌てて一蔵(瑛太)がやってきます。

 

 

 

藩の命に背いたと久光が切腹を命じているというのです。一蔵は、吉之助のおかげで無駄な血を流すことが少なくなったと止めようとしますが、久光は怒り狂っていて・・・止めることができなかったという。

 

 

 

吉之助は、切腹の沙汰が下されたことに特に驚くことなく自分は死なないと言いのけます。一蔵も気づいていましたが、吉之助は島津斉彬(渡辺謙)以外の命で、切腹をすることはない。

 

 

 

命からがら大島に流れ着いた吉之助は、絶対に死なないと決めていたのです。そのため、久光と談判するといいます。その気迫に一蔵も吉之助の決意を尊重します。

 

 

 

その日は、有馬と信吾、一蔵らで酒を酌み交わしました。しかし、有馬たちは吉之助が切腹させられる命が出たことに納得がいきません。一蔵に食ってかかります。吉之助が止めに入りますが、喧嘩は収まりません。

 

 

 

そこで、吉之助は鰻が食べたいと鰻をとることで勝負を決めると言い出します。そうして、子供の頃のようにみんなで一緒に鰻をとって対決をして笑いあったのでした。

 

 

 

 

吉之助が切腹?

 

とった鰻をみんなで河原で焼いて食べました。その光景が子供の頃のようで、楽しくてしかたない。みんながそう思った日になったのです。その日、鍵屋に帰った吉之助を待っていたのは薩摩の捕らえる者たちでした。

 

 

 

有馬は刀を抜いて助けようとしましたが、それを吉之助が制して捕らえられます。吉之助と一緒に村田新八(堀井新太)も捕らえられます。そして、久光が京都にやってきて吉之助に再度切腹を命じます。

 

 

 

吉之助は、自分の意見をまげずに堂々と久光に向き合います。しかし、それが久光にとっては余計に腹立たしいおもいがこみ上げてきてしまいます。今、自分で斬ると言い始めてしまいます。

 

 

 

それを一蔵が間に入ってかばいますが、久光は一蔵もろとも切ろうとします。すると側近の小松が、以前に斉彬が「吉之助を使い道を間違わなければこんなに役立つ男はいないと」話していたことを伝えます。

 

 

 

それが物差しになるというのです。そこに、一蔵が間に入って必ず役立つ日がくるのでと頭を下げて願い出ます。久光は、怒りをこらえて刀を懐にしまいました。その結果、吉之助と新八は島流しの刑に処されます。

 

 

 

吉之助は、一蔵に日本の未来と有馬のことをお願いして薩摩に帰ります。その後、久光は近衛家から京の街の取り締まりを命じられます。それを快く引き受けます。倒幕派の武士たちは突然のことに予想もしていませんでした。

 

 

 

そして、事件は起きます。寺田屋で決起しようとしていた有馬たちを久光は腕のたつ薩摩藩士に斬らせたのです。一緒にいた信吾も罰を受けるため、西郷家にも重い罰がくだるという。

 

 

 

そのことを記した手紙が吉之助のところに届きます。吉之助は、同じ薩摩の者同士がなぜ切りあわなければならないのか。大声をあげるのでした。西郷どん(せごどん)23話のネタバレ・あらすじはここまで。西郷どん(せごどん)24話のネタバレ・あらすじにつづく。

 

 

 

 

あなたにおススメの記事

西郷どん(せごどん)24話ネタバレ・あらすじはコチラ

 

西郷どん第22話ネタバレ・あらすじはコチラ

 

西郷どん公式ブックはコチラ

 

西郷どんの視聴率速報と推移!!

 

西郷どんのキャスト(相関図)一覧はコチラ!

 

 

 

 

 


このページの先頭へ