MENU

西郷どん(せごどん)28話ネタバレ・あらすじ「勝と龍馬」

西郷どん28話

 

このページは、大河ドラマ「西郷どん」(せごどん)28話「勝と龍馬」のネタバレあらすじを書いています。西郷どん(せごどん)のネタバレ・あらすじを見たくない人はこのページを今すぐ閉じてください。続きは見たい人だけみてね。

 

 

 

西郷どん第27話のネタバレ・あらすじで禁門の変が起きて西郷吉之助(鈴木亮平)は、幕府側が降伏している長州軍に襲い掛かったのを止めようとして、足に銃弾を受けました。

 

 

 

ここから、その続きとなる28話のネタバレ・あらすじになります。タイトルは「勝と龍馬」です。しつこいようですが、ネタバレやあらすじを見たくない人は今すぐページとじてくださいね。ネタバレ注意になります。そんな西郷どん第28話ネタバレ・あらすじスタート!

 

 

 

 

西郷どん(せごどん)ネタバレ・あらすじ28話

 

吉之助は、撃たれた足を引きずりながら自分のせいで死人や負傷者が多数出てしまったと涙をながしながら京の街を歩きまわります。禁門の変から二日後、幕府は再び長州征伐の命を出します。

 

 

 

それを聞いた吉之助は、また戦をするのかと慶喜(松田翔太)のもとに本気かと確かめに行きます。吉之助が到着したころ、慶喜はちょうど勝海舟(遠藤憲一)を追い返しているところでした。

 

 

 

勝は、家臣であるものの軍艦奉行で世界の話をするところ慶喜に疎まれたのです。吉之助は、軽く挨拶をしてその場は別れます。吉之助は、慶喜に長州征伐に身を粉にして働くと言います。

 

 

 

それを慶喜は喜び満足気な顔をするのでした。そして、吉之助は薩摩への帰りに大阪により勝海舟のもとを訪れるのでした。しかし、周囲のものに本当に西郷どんかと疑われ囲まれます。

 

 

 

そこには、懐に銃をもった坂本龍馬(小栗旬)の姿もあります。竜馬は、吉之助に勝は誰にも会わないから帰るように言います。そこに、勝が戻ってきて吉之助の話を聞きいてくれるようになります。

 

 

 

吉之助は、勝に慶喜の書状を見せようとしますが、勝は見もしません。今、戦なんぞしたら民はおしまいだといい幕府も落ちたものだと今日限りでおしまいだという。しかし、勝に見捨てられると本当に終わってしまう。

 

 

 

だから、協力してほしいと吉之助は勝に頭を下げます。しかし、勝は慶喜の書状を火鉢に捨てこれから先は、誰を信じてなにをするべきかは吉之助次第だという。吉之助はその言葉にはっとさせられます。

 

 

 

 

長州征伐の指揮をとる吉之助

 

吉之助は、長州征伐を戦わずして終わらせると決め、一人で岩国藩の藩主に談判しに行きます。吉之助がいくつかの条件をのんでもらえれば、軍を引き上げると約束して、岩国藩主はそれをのもうとします。

 

 

 

しかし、家臣たちが薩摩に不満を抱いているために異様な様相を呈してきます。そこに、タイミングよく小松帯刀(町田啓太)がやってきて長州藩の負傷兵を返しました。それに感動した家臣らもその条件をのんだのです。

 

 

 

ただ、この戦の方法を喜ばないものがいました。それは慶喜です。なぜ、大砲をぶち込み木っ端みじんにしなかったのかと吉之助は詰め寄られます。しかし、吉之助はあれが自分の長州征伐だというのです。

 

 

 

また、吉之助は今の政は腐っている。幕府を守るためだけの政になっていると堂々と苦言を呈するのです。その言葉を聞いた慶喜は吉之助に対して怒って腹を切れといいます。

 

 

 

すると、吉之助は自分の短刀を抜いて慶喜の前の畳に刺します。慶喜は、びびって腰を抜かしてしまいます。吉之助は、もう慶喜との縁は断ち切る。そういって慶喜の前を立ち去っていきます。

 

 

 

それでも、吉之助は慶喜に最後の一礼をして後にするのでした。西郷どん28話のネタバレ・あらすじはここまで。西郷どん(せごどん)29話のネタバレ・あらすじにつづく。

 

 

 

 

あなたにおススメの記事

西郷どん(せごどん)29話ネタバレ・あらすじ「三度目の結婚」

 

西郷どんのキャスト(相関図)一覧はコチラ!

 

西郷どん(せごどん)27話ネタバレ・あらすじ「禁門の変」

 

西郷どん公式ブックはコチラ

 

西郷どんの視聴率速報と推移!!

 

 

 

 

 


このページの先頭へ