MENU

西郷どん(せごどん)30話ネタバレ・あらすじ「怪人 岩倉具視」

西郷どん

 

このページは、大河ドラマ「西郷どん」(せごどん)30話「怪人 岩倉具視」のネタバレあらすじを書いています。西郷どん(せごどん)のネタバレ・あらすじを見たくない人はこのページを今すぐ閉じてください。続きは見たい人だけみてね。

 

 

 

西郷どん第29話のネタバレ・あらすじで西郷吉之助(鈴木亮平)は、家族の願いもあり糸(黒木華)と結婚することになりました。そして、糸が家で待つ中で吉之助は再び京に向かいます。

 

 

 

ここから、その続きとなる30話のネタバレ・あらすじになります。タイトルは「怪人 岩倉具視」です。しつこいようですが、ネタバレやあらすじを見たくない人は今すぐページとじてくださいね。ネタバレ注意になります。そんな西郷どん第30話ネタバレ・あらすじスタート!

 

 

 

 

西郷どん(せごどん)ネタバレ・あらすじ30話

 

吉之助は、京に上って近衛家に参勤交代を取りやめるようにお願いに上がります。しかし、安政の大獄依頼あまり幕府に物申すことを嫌います。

 

 

 

そこに、ヤモリという男からの文がやってきます。近衛忠煕(国広富之)は、その文を投げ捨てます。送り主は、岩倉具視(笑福亭鶴瓶)でした。

 

 

 

吉之助は、その文を見せてもらって深く感動をします。その数日後、一蔵(瑛太)に吉之助は岩倉具視に会わせて欲しいとお願いします。

 

 

 

しかし、一蔵はいい顔をしません。岩倉具視がお金を求めていることを知っていたからです。しかも、岩倉具視は現在大罪で蟄居生活をしているからです。

 

 

 

吉之助は、逆にそのいきさつに興味をもったのでした。そして、一蔵と一緒に岩倉具視のところに行った吉之助は公家の出とは思えない住まいに驚きます。

 

 

 

吉之助は、岩倉具視に幕府を倒すために力を貸してほしいと頼みこみます。そして、お金を要求し素早く受け取る岩倉具視なのでした。

 

 

 

そんな岩倉具視ですが、夜中に実は博打を開いていました。一蔵は、手を出しませんが吉之助は、誘われてやってみますが大負けしてしまいます。

 

 

 

 

桂小五郎との再会

 

吉之助は賭場で見覚えのある顔を発見します。なんと、長州出身の桂小五郎(玉山鉄二)がいたのです。桂小五郎は、幕府に追われて長州にも帰れません。

 

 

 

そのため、吉之助に対する怒りももっていました。吉之助を信じたら、幕府がせめてきた。しかも陣頭指揮をとっていたのが吉之助だったのです。信じられるはずがありません。

 

 

 

それでも吉之助は、桂小五郎に長州と一緒に幕府を倒すことを目指したいと話すのでした。しかし、薩摩とは組めないとののしる桂小五郎に一蔵が怒り斬りあいになります。

 

 

 

そこに岩倉具視が割って入り、桂はその場を後にしました。一方、吉之助はその後は博打の借金の返済のかわりに、岩倉具視の家を掃除することになります。

 

 

 

掃除の途中に、岩倉具視があてた手紙をたくさん読みます。その中には、幕府を倒すために薩長が手を結ぶということが書いてありました。この考えをこんな場所で置いておくのはもったいない。

 

 

 

そう吉之助が話しますが、長い蟄居に時間が岩倉具視の熱意をどんどん冷ましていたのでした。励まそうとする吉之助は岩倉具視の息子を連れてきました。そして、天子の言葉を息子から伝えられたのです。

 

 

 

これが、吉之助と岩倉具視の運命的な出会いになったのでした。西郷どん30話のネタバレ・あらすじはここまで。西郷どん(せごどん)31話のネタバレ・あらすじにつづく。

 

 

 

 

あなたにおススメの記事

西郷どん(せごどん)31話ネタバレ・あらすじはコチラ

 

西郷どん公式ブックはコチラ

 

西郷どん(せごどん)29話ネタバレ・あらすじ「三度目の結婚」

 

西郷どんのキャスト(相関図)一覧はコチラ!

 

西郷どんの視聴率速報と推移!!

 

 

 

 

 


このページの先頭へ