MENU

西郷どん(せごどん)35話ネタバレ・あらすじ「戦の鬼」

西郷どん35話

 

このページは、大河ドラマ「西郷どん」(せごどん)35話「戦の鬼」のネタバレあらすじを書いています。西郷どん(せごどん)のネタバレ・あらすじを見たくない人はこのページを今すぐ閉じてください。続きは見たい人だけみてね。

 

 

 

西郷どん第34話のネタバレ・あらすじで、西郷吉之助(鈴木亮平)は外国と対等に交渉できない慶喜(松田翔太)の幕府をなんとしても倒さなければならないと武力行使を決意しました。

 

 

 

ここから、その続きとなる35話のネタバレ・あらすじになります。タイトルは「戦の鬼」です。しつこいようですが、ネタバレやあらすじを見たくない人は今すぐページとじてくださいね。ネタバレ注意になります。そんな西郷どん第35話ネタバレ・あらすじスタート!

 

 

 

 

西郷どん(せごどん)ネタバレ・あらすじ35話

 

「大政奉還」を断行した慶喜(松田翔太)を裏で操っていたのは、坂本龍馬(小栗旬)でした。そのため、吉之助は龍馬と討幕をめぐって意見が対立します。

 

 

 

吉之助は、慶喜のことは誰よりも自分は知っているからこのまま引き下がるわけがない。それに対して、龍馬は大政奉還したのだから政に慶喜はかかわってこないだろうといいます。

 

 

 

それでも、吉之助は慶喜を武力で倒すしか方法はないと龍馬に言うのです。龍馬は、今の吉之助とは同じ船には乗れないと2人の話合いは決裂するのでした。

 

 

 

その矢先に、近江屋事件が起き坂本龍馬は暗殺されてしまいます。一方、吉之助は岩倉具視(笑福亭鶴瓶)から預かった文書をもって久光(青木崇高)に兵をあげるようにお願いをします。

 

 

 

そして、龍馬が暗殺された原因は吉之助だとお龍(水川あさみ)が薩摩藩にやってきて「龍馬を殺したのは吉之助」だと怒りをぶつけてきました。しかし、吉之助はそんなお龍の話を残念だけど仕方ないことだと流し・・・戦の鬼とどんどん化していきます。

 

 

 

吉之助は、慶喜を倒すために江戸の商家に火をつけさせたりして慶喜を追い込んでいきます。弟の信吾(錦戸亮)でさえ、吉之助の変化に驚きやりすぎだと反発をします。

 

 

 

それでも吉之助は、慶喜を倒すため、幕府を倒すために一蔵(瑛太)と一緒にクーデターを起こします。そして、「王政復古の大号令」によって徳川幕府は終わりを告げるのでした。

 

 

 

さらに吉之助は、慶喜が新しい政から排除するために画策を行います。その吉之助の行動に反発をする諸藩のものたちもいました。しかし、それでも慶喜を倒すため、日本を異国から守るために吉之助は嫌っていた刀に手をかけるのでした。。西郷どん35話のネタバレ・あらすじはここまで。西郷どん36話のネタバレ・あらすじにつづく。

 

 

 

 

あなたにおススメの記事

西郷どん(せごどん)36話ネタバレ・あらすじ「慶喜の首」

 

大河ドラマ「西郷どん」見逃し配信はコチラ

 

西郷どん(せごどん)34話ネタバレ・あらすじ「将軍慶喜」

 

西郷どん公式ブックはコチラ

 

西郷どんのキャスト(相関図)一覧はコチラ!

 

 

 

 

 


このページの先頭へ