MENU

西郷どん第17話ネタバレ・あらすじ「西郷入水」

西郷どん17話

 

このページは、大河ドラマ「西郷どん」(せごどん)17話「西郷入水」のネタバレあらすじを書いています。西郷どんネタバレ・あらすじを見たくない人はこのページを今すぐ閉じてください。続きは見たい人だけみてね。

 

 

 

西郷どん第16話のネタバレ・あらすじで、井伊直弼(佐野史郎)により安政の大獄が行われ幕府にはむかったものとして西郷吉之助(鈴木亮平)の周辺は、厳しく罰せられていきます。そして、吉之助は島津斉彬(渡辺謙)の死に自殺を考えますが、斉彬の姿勢を思い出しなんとかおもいとどまります。

 

 

 

ここから、その続きとなる17話のネタバレ・あらすじになります。17週のタイトルは「西郷入水」です。しつこいようですが、ネタバレやあらすじを見たくない人は今すぐページとじてくださいね。ネタバレ注意になります。そんな西郷どん第17話ネタバレ・あらすじスタート!

 

 

 

 

西郷どんのネタバレ・あらすじ17話

 

篤姫(北川景子)は、天璋院となを変えますが徳川家定(又吉直樹)が亡くなってからというもの力を失ってしまっていました。それは、井伊直弼が篤姫の悪口を14代将軍・家茂に吹き込んでいたためです。

 

 

 

そして、そんな様子を見た幾島(南野陽子)が城をでることを助言しますが、天璋院は自分はもう薩摩の人間ではないと城からでないと訴えます。すると、幾島は城から出させてもらうと申し出たのです。

 

 

 

島津斉彬がたてた作戦は破れ、戦に負けた責任を誰かがとらなければならないと考えていた幾島は、自分がすべての責任をかぶって城から出ていく選択をしたのでした。もちろん、天璋院は止めます。

 

 

 

それでも、幾島はなんと言われようがその決意をかえることがありませんでした。一方、吉之助と月照(尾上菊之助)、俊才(高橋光臣)はなんとか薩摩まで到着します。そこに、正助(瑛太)が訪ねてきます。

 

 

 

吉之助は、薩摩藩に月照の安全を進言するつもりだという。しかし、正助はそれは現状では難しいかもしれない。なので、自分にまかせてほしいというのでした。

 

 

 

そのころ、薩摩では久光(青木崇高)が斉彬の遺言の通り動こうとしていました。自らの息子を当主として、久光自身はその後見人になると思い描いており、それを斉興(鹿賀丈史)に了承をとったのです。

 

 

 

しかし、斉興は了承したことを無視して自分が薩摩藩を運営すると当主の座についてしまったのです。久光は、驚きますがそのことですっかりと自信を失ってしまいました。

 

 

 

 

西郷吉之助の日向送り

 

正助は、そんな状況の中でなんとか吉之助の命を助けてもらおうと考え山田為久(徳井優)に嘆願書を出していました。しかし、斉興が当主にすわった以上それも難しい状況でした。

 

 

 

そして、吉之助と月照については斉興が処刑の命をだしたのです。吉之助は、自分が支えてきた薩摩藩がだした答えがこれなのかと涙にもならない悔しさがこみあげてきました。

 

 

 

吉之助の仲間は、なんとか薩摩藩に嘆願に行こうと話あいますが・・・余計な血が流れるのを嫌がって吉之助はそれを断ります。そして、正助がなんとか吉之助に生きてほしい。

 

 

 

その思いから、斉興に直談判をしました。月照を殺すことでなんとか生き残れることの約束をとりつけたというのです。吉之助は正助の言う通りにすると月照を殺すことを了承したのです。

 

 

 

しかし、吉之助は月照を殺すつもりは最初からなく処刑される日向へ月照と一緒に行くことになったのです。西郷どん17話のネタバレ・あらすじはここまで。西郷どん18話のネタバレ・あらすじにつづく。

 

 

 

 

 

あなたにおススメの記事

西郷どん第18話ネタバレ・あらすじ「流人 菊池源吾」

 

西郷どん第16話ネタバレ・あらすじ「斉彬の遺言」

 

西郷どんの視聴率速報と推移!!

 

西郷隆盛と大久保利通の関係を暴露!

 

西郷どん「原作」はコチラ

 

 

 

 

 

 

 

 


このページの先頭へ