MENU

西郷隆盛の子孫は現在も続いている?

子孫

 

このページは、西郷隆盛子孫についてくわしく解説しています。なので、西郷隆盛の子孫について気になるあなたはこのページをご覧ください。

 

 

 

大河ドラマ「西郷どん」が始まる2018年は、「明治維新150周年」の年でもあります。明治維新の英傑である西郷隆盛の地元、鹿児島が活況に湧いています。

 

 

 

その鹿児島の地域おこしにはなんと、西郷隆盛の子孫の方々が関わっており、話題となっています。そこで、今回は西郷隆盛の子孫について、著名な方々を中心に説明します。

 

 

 

西郷隆盛は生涯に3度結婚しています。最初が伊集院兼善の娘、スガ。2人目が、奄美大島の島妻(あんご)である愛加那。

 

 

 

そして3人目が、沖永良部島から鹿児島に戻ってきたとき結婚した岩山イトです。西郷隆盛は愛加那との間に2児、イトとの間に3児子どもがいます。

 

 

 

 

スガと西郷は離縁

 

一人目の妻、スガは、結婚してまもなく、西郷隆盛の両親と祖父が死去したことと、隆盛自身が薩摩藩主島津斉彬に伴われ江戸へ行っていたこともあり、家計の厳しいなか、一人で家の面倒を見なければなりませんでした。

 

 

 

その状況を見かねた伊集院兼善が離縁を申し出て離縁に至りました。離縁の申し出には、西郷隆盛も了承しましたが、西郷隆盛自身はこのことを後悔していたようです。スガが伊集院家に戻った後の足取りは不明です。

 

 

 

次に愛加那の子どもについて見てみましょう。愛加那は、西郷隆盛が奄美大島に潜伏生活をしていたときに迎えた島妻です。当時薩摩では、本土の妻とは別に、島では嫁を迎えてもいいという決まりがありました。

 

 

 

西郷隆盛が32歳、愛加那が22歳のときに二人は結婚をしました。二人の子どもには、長男菊次郎と長女の菊草(きくそう)がいます。菊次郎は、8歳のときに西郷家に引き取られ、12歳のときにアメリカへ留学します。

 

 

 

西南戦争のとき、菊次郎はわずか16歳でしたが、父の西郷隆盛と行動を共にします。しかし、右ひざに銃弾を受けて、ひざより下を切断するほどの大怪我を負います。

 

 

 

そのため西郷と桐野利秋の計らいにより、政府軍についていた西郷従道に投降します。西南戦争が終わったあとは、奄美大島に帰り、しばらくは愛加那の元で暮らしていました。

 

 

 

しかし、23歳になると、アメリカ留学の経験が評価されたのか、東京に出て外務省に入省し、アメリカ公使館で勤務します。明治28年(1895年)には菊次郎が34歳のときに、台湾の県知事にあたる職につきます。

 

 

 

日本に戻ってからは、京都市長を6年半勤めています。菊次郎の四男、西郷孝泰氏の息子には、陶芸家の西郷隆文さんがおられます。隆文さんは5歳のときに母親の実家がある鹿児島へ引越ししています。

 

 

 

鹿児島の大学を卒業すると上京して会社員をしていましたが、高校時代の美術の先生と一緒に言った上野美術館で前衛的な作風の焼き物に魅了され、陶芸の世界へ入りました。

 

 

 

3年後、25歳で会社を退職し、有山長祐さんの本窯で修行生活を続けます。5年後に独立し、「日置南洲窯」を開くに至ります。隆文さんの活動は徐々に周知され、2011年に「現代の名工」を受賞しています。

 

 

 

その後陶業協同組合を結成し、初代理事長に就任、薩摩焼の普及と後進育成に力を入れおられます。西郷隆盛の3人目の妻、岩山イトの子孫についても見ていきましょう。

 

 

 

 

岩山イトが3人目の妻

 

イトは西郷隆盛が禁門の変や長州征伐として活躍した頃に迎えた妻です。沖永良部島から本土に戻ってからおよそ1年後です。1865年(慶応元年)、西郷隆盛が37歳、イトが21歳のときに結婚します。

 

 

 

西郷隆盛とイトの間には、長男寅太郎、次男午次郎、酉三という3人の息子がいます。イトは3人の子ども以外にも、愛加那の子ども菊次郎と菊草を引き取り育てています。

 

 

 

西南戦争後で西郷隆盛亡き後、西郷家はひっそりと暮らしていましたが、赦免が出されたあと、寅太郎にドイツ留学の転機が訪れます。

 

 

 

18歳の時、ドイツのポツダム陸軍士官学校へ入学し、帰国後1892年(明治25年)に陸軍少尉に任命されました。その後、第一次世界大戦中に、東京俘虜収容所所長、そして習志野俘虜収容所の所長を務めます。

 

 

 

しかし1919年に、猛威をふるっていたスペイン風邪で肺炎となり、在職中のまま死去します。寅太郎は52年の生涯でした。寅太郎の子孫には名前の知られる子孫がいます。

 

 

 

まず、遠縁となりますが、寅太郎の妻の家系で、ダービージョッキーの武豊さんがおられます。そして、寅太郎の三男吉之助が、銀行員から政治家に転身し、戦後は佐藤栄作内閣で法務大臣を務めました。

 

 

 

また、寅太郎の孫である西郷隆夫さんは、鹿児島で(株)開墾舎という会社を経営し、西郷隆盛や明治維新に関連したカフェをオープンしています。

 

 

 

そこでは子孫ならではの歴史ガイドをしたり、陶芸家の西郷隆文さんの作る陶器を使って料理を提供するなど、ユニークな企画を起こして地域活性化に一役買っておられます。

 

 

 

以上、西郷隆盛の子孫について、著名な方を中心に見てきました。西郷隆盛の系譜と精神は現代にも脈々と引き継がれています。ドラマ「西郷どん」の盛り上がりに連れて、西郷隆盛の子孫たちの活躍にも期待が寄せられます。

 

 

 

 

 

関連記事

西郷隆盛の最後はどういったものだったの?

 

西郷隆盛と大久保利通の関係を暴露!

 

西郷隆盛は西南戦争でどんな役割を果たしたの?

 

 

 

 

 

 

 

 


このページの先頭へ